ICLについて

厚生労働省も認めた高い安全性
ICLは医師の経験が不可欠

ICLは、眼内に移植することのできるコンタクトレンズです。
日本では「眼内コンタクトレンズ」「有水晶体眼内後房レンズ」「後房型フェイキックIOL」とも呼ばれています。
角膜を削ることなく、眼内レンズを移植する手術ですので、レンズを取り出して元の状態に戻せることなども含めてレーシック治療にはないメリットもある治療です。

ICL(アイシーエル)に関する
疑問や不安など、
何でもお気軽にご相談ください。

診察・相談のご予約

0120-313-916

<受付時間>午前 10:00~14:00 午後 15:00~19:00
※日曜日 9:30~13:00