レーシックとの違い

ICL(アイシーエル)

レーシック

手術方法 眼内レンズを移植し視力矯正 角膜をレーザーで削り視力矯正
近視の戻り 近視の戻りが少ない 近視の戻りの可能性あり
見え方の質 クリアで色鮮やかな見え方 角膜を削るために収差が増える
矯正可能視力 強度近視や乱視・遠視も対応可 矯正できる近視の強度に上限あり
術後のリスク 元に戻せる 元に戻せない

角膜を削らない手術

レーシックは、もともと矯正できる近視の度数に上限があり、また度数が強い人ほど多く角膜を削ることになるため、見え方のクオリティが低くなりやすいという欠点があります。ICLはレンズの度数レンジが広く、レンズの矯正精度も高いため、近視の強い人でもクオリティの高い見え方が期待できます。また万が一の時はレンズを抜去し、もとの状態に戻すことも可能です。

ワンランク上の鮮やかな見え方、高い術後満足度

ICLはレンズの精度が高く、これがハードコンタクトレンズと比べても遜色のない鮮やかな見え方につながっているといわれています。ICLを受けた方の98%は裸眼視力が1.0以上に回復し、ほぼ100%の患者さんが満足しているという調査結果もあります。

視力矯正後の見え方 左はICL、右はレーシック。いずれもシミュレーション画像。

長期的に安定した視力

レーシックを受けた方の場合、一般に「近視の戻り」といって、術後数年間で視力が少し近視ぎみに戻ってしまう傾向のあることが学会で報告されています。またこの「近視の戻り」の傾向は、特に強度近視の方ほど顕著にみられるようです。

ICLの手術を受けられた方の場合は、著しい「近視の戻り」は現在までのところは報告されておりません。学会で発表されるICLの術後経過報告は、術後の裸眼視力が1.0以上に回復し、長期的に安定しているケースがほとんどです。

ドライアイ、視覚障害の出現がほぼない

角膜を削るレーシックでは、フラップを作成する時に角膜の知覚神経が切断されるので、一時的にドライアイが生じやすくなります。また、術後に生じる角膜表面の歪みによりハロー(暗闇で光がにじんで見える視覚障害)やグレア(暗闇で光がまぶしく見える視覚障害)といった視覚障害を起こす場合があります。あるいは、角膜のレンズとしての集光能力が著しく低下することで、暗所で色や濃淡が見づらくなったりすることもあります。ICLでは、こうした視覚障害の出現はほぼありません。

術後でも術前の状態に戻せる

ICLのレンズは、特別な理由がない限り交換する必要はなくそのままずっと目の中に入れておくことが可能です。万が一、術後に問題が生じた場合には、レンズを取り出して元の状態に戻すことができます。これはレーシックとは大きく異なる特徴です。

強度の近視や乱視でも矯正可能

角膜を削るレーシックでは、矯正できる度数に上限があります。ICLは幅広い度数のレンズを用意しており、最強度の近視でも矯正することが可能です。

ICL(アイシーエル)に関する
疑問や不安など、
何でもお気軽にご相談ください。

診察・相談のご予約

0120-313-916

<受付時間>午前 10:00~14:00 午後 15:00~19:00
※日曜日 9:30~13:00